So-net無料ブログ作成
検索選択

暴れ馬

ふと、周りをみると、「お。」っと気付くことがある。

機嫌良く生きている人と、不機嫌に生きている人だ。

不機嫌な人は、機嫌よく生きている人が嫌い。

でも「嫌い」という言葉をダイレクトに使うことにはためらいがあるのか、

アレコレと理屈をこねて機嫌よく生きている人を非難する。

ニコニコしている人に向かって、

「ニコニコしていると他人からナメられません?」とか言う。

ニコニコしている人はポカーンとしてしまう。

意味が分からないから。

ポカーンとすると、「天然ちゃん」などと言われ、また揶揄される。

不機嫌な人の人数が多いと、「天然ちゃん」は仲間外れにされる。

気の毒なことである。

しかし、「天然ちゃん」は機嫌よく生きる人なので、あんまり大したことではない。


両者は生きている次元が違いすぎるのだ。

同じ空間にいて、同じものを見、同じ体験をしたとしても、両者は違う次元にいる。

どうしてこんなに差が生まれてしまうのか。


辛い事実であるが、それは親からの「絶対的な愛」を感じて生きてきたかどうか、だ。

他者よりも優秀であることを期待されて育つのは相対的な愛である。

バカでも何でもいい、生きてくれているだけで有難い、と育てられるのは絶対的な愛。

この絶対的な愛を感じて育つ子は強い。

愛を信用できるから。

相対的な愛で育つ子は、心がグラグラする。

自分が劣っている人間だと愛されないと思うから。


「妬み」という感情がある。

これはもう、本当にやっかいな感情である。

やっかいすぎるし、エネルギーも強すぎる。

しかも、大抵の場合、妬みの自覚がない。

自分の中にある「妬み」が大きすぎて直視できないのだ。

怖くて、見ることができない。

そこで勇気をもって見ることができる人は、強い人。

「あぁ、私、妬んでいるんだなぁ」と思える人は、強い。

妬みを自覚できる人は、自分を深く掘り下げることができる人。

そして、妬みがどこからきたのか分析できる人。

分析すると小さい頃にあった出来事などにぶつかる。

「あのとき、こうして欲しかったのに、してもらえなかった」という寂しい気持ち。

妬みの核を見て、納得する。

過去は変えられないのだから、諦める。

そういう勇気のある人は、強い。


愛というのも暴れ馬だし、妬みというのも暴れ馬だ。

本当に人を翻弄する。

人生を狂わす、といってもいい。

エネルギーが強すぎるから。


弱い人は直視できない。

直視できない人は死ぬまでできない。

でも、幸せではないから、他人を攻撃する。

そして、寂しいから、群れる。

弱いもの同士で集まる。

沢山友達はいるのに、でも寂しい。

本当に「友達」と言えるのかもあやしい。

そういう人は目をみたら分かる。

笑顔の写真でも、目が不安そうにしている。


本当に親の責任は大きい。

バカでも何でも可愛い!愛してる!と発信し続けること。

毎晩、ギューって抱きしめて「チュ♪チュ♪チュ♪」をくり返すだけでいい。

たったそれだけで、いい。

たったそれだけなのに、ね。

できない親も多いよね。


人生に一番必要なのは勇気。

戦う勇気じゃないですよ。

自分を直視する勇気。

それさえあれば、機嫌よく生きていける。

でも、一番難しいのも、この勇気。

人生のテーマですわ。
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 6

アキオ

足下を見てないと転んじゃうし
上を向いてないと、行く先が不安。。

ただ、下や後ろばかり気になる人生は嫌ですね。。
by アキオ (2013-04-27 15:03) 

parana

>アキオさんへ
人生も折り返し地点だと思って周りをみると感慨深いものがありますねぇ。
ニコニコと生きている人もいれば、不平不満ばかりの人。
どうして人生がこうも違っちゃうのかな、と。

機嫌よく生きていきたいな、と。
その為には足元をしっかりしなくちゃ、かな。

いつもコメントありがとうございます(^^)
by parana (2013-04-27 16:09) 

木鶏

そうなんですよね
長いこと生きてきて、色んな場で人の感情から惹起
される摩擦を経験してきました。
社会とはなんとややこしいことか・・・
そのなかで明るい場所に身を置き続けたればと思います。
by 木鶏 (2013-04-28 09:39) 

parana

>木鶏さんへ
ほんとうに、この世はややこしいですねぇ。
ちょっとした言動が妬まれたりしますから。
そういう負のエネルギーを感じると疲れますねぇ。
「うっちゃり」で受け流しますけどね。

コメントありがとうございます(^^)
by parana (2013-04-29 11:25) 

Akisan

最近Twitterをやってるんですけど、色んな方がいて面白いです。
で、ひたっすら文句ばっかり書く方とかいらっしゃるんですよね。
電車の中で肩が当たったとか、女子高生の会話がうるさいとか(笑)
きっと、その不満の間にきらりと光る素敵なことを見逃しちゃってるんだな・・・と。
私もそう言うの、うっちゃりで流していきますw
by Akisan (2013-05-01 09:44) 

parana

>Akisanさんへ
あはは。
「うっちゃり」に反応してくれた(笑)
ほんと、色んな人いますよね。
私が一番辛いなと思う人は、「自称グルメ」。
もうね、「美味しい~」っていう簡単なセリフが言えないのか、と(笑)
何食べても「美味しい」って言える人でありたいな(^^)

コメントどうもありがとうございます(^^)
by parana (2013-05-01 22:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。